2019年
電子情報通信学会ソサイエティ大会

キャリアエクスプローラーについて

電子情報通信学会大会におけるキャリアエクスプローラー(求職中)のマーク表示について

導入の趣旨

キャリアエクスプローラー(求職中)のマーク

求職側(ポスドクあるいは博士・修士課程学生等)と求人側(企業・大学・研究所等)とのインターセクションの場である大会において,講演者が求職中である旨を明示することで企業等への就職に役立ててもらうために運用を継続しております。
この機会に是非ご活用下さい。なお,本マークは応用物理学会に著作権がありご好意により使用して,関係学会共通の認識マークとなることを推進しております。

マークの使用方法

講演者(発表者)である求職中のポスドク,博士・修士課程学生 等が,本人が希望する場合に限って,キャリアエクスプローラー(求職中)のマーク表示を発表時の最初にプロジェクターで掲示することができます。

マークの配布

マーク表示の電子ファイルはダウンロードしてお使いください。

ダウンロード save_alt

【ダウンロード方法】

  1. Windows の場合
    上記リンクの上で,右クリックし『対象をファイルに保存...』を選択し,保存先を決定する。
  2. Macintosh の場合
    上記リンクを[control]キーを押しながらクリックし,『リンク先のファイルをダウンロード』を選択する。

マーク使用上,運用上の注意

  • 本大会における講演者(発表者)以外は使用することはできません。
  • マークを修正しての使用は認めません(マーク修正不可)。
  • マーク表示の導入の趣旨,および使用方法を逸脱する使用は一切認めません。
  • 講演会場において,講演時間内における講演者への当該マークに関する質問はご遠慮ください。(特に,座長の方にはこの点をご留意いただくようお願い致します。)
  • 表示マークは発表者本人の希望により使用可能なものであり,この表示マーク使用により生じたいかなる利益・不利益に関しても本会は一切責任を負いません。

プログラムでの表示

講演申込時に「キャリアエクスプローラー(求職中)マーク」の掲載を希望された場合,プログラムにも,表示希望の講演者名の前に,△で表示します。

Page Top